●最新情報
[2014年08月27日] ペルソナ4 ザ・ゴールデン電撃アンソロジー (KADOKAWAアスキーメディアワークス刊) 寄稿
[2014年03月] 電撃PlayStation Vol.563(アスキーメディアワークス刊) ナチュラルドクトリン特集記事用挿絵
●ひとことフォーム(仮設置中)
●PN/HN
ヤナギ or 楊柳崇志 (やなぎ たかし)
●関心空間
野球
●作業環境
i7 2600k /16GB RAM/Win7 Pro 64bit
●当サイトはリンクフリーです
バナーURL:http://43q.com/banner.gif
●サイト開設
2001年08月21日
●お仕事履歴
2014年08月:アスキー・メディアワークス様:TVアニメ「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」電撃コミックアンソロジー 8P参加
2014年02月:アスキー・メディアワークス様:電撃PlayStation Vol.560~ ナチュラルドクトリン(角川ゲームス様)記事挿絵
2013年08月:某アニメ・ソーシャルゲーム用キャラクターイラスト ラフ線画
2012年06月:アスキー・メディアワークス様:ペルソナマガジン #0.775 (電撃マオウ 2012年8月号付録) 10P参加
2011年12月:アスキー・メディアワークス様:TVアニメ ペルソナ4 電撃コミックアンソロジー 8P参加
2011年12月:ざら先生著:わがままDIY(1):表紙・裏表紙・巻頭カラー彩色
2011年04月:アスキーメディアワークス様:俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式コミックアンソロジー 8P参加
2011年04月:講談社様:コミックス「ウチはおおきい」 1Pゲスト参加
2009年12月:エンターブレイン様:アマガミ Various Artists (2) 4P参加
2009年03月:メロンブックス様:通販特典ポストカード用イラスト 1点
2006年10月:芳文社様:まんがタイムきららCarat 11月号 読切
2006年05月:芳文社様:まんがタイムきららCarat 6月号 読切
●ご連絡
メールはyanagi※43q.comまでどうぞ(※を@に変換してください)

2016年6月29日  ひっさびさに

読んだので感想など。
 
と言っても最後に読んだのは3月だから3ヶ月ぶりですか。→当時の感想
友人からその間の話も聞いてはいましたが、二代目の現役の話は聞くだけで満足で。
今回はアンタの好きなOB話だぞ!っつーから読んでみました、はい。
 
3月の感想で少し書いた"意味深なコマ"ってのを早速広げてきましたね。
伏線とまではいかない(展開によっては回収不要という意味で)曖昧な表現を散りばめるのが実に巧みです。
 
ただ、個人的な印象ではこれを使うにしてもちょっと時期が早すぎるような気もしました。大人の事情かな?
咲ちゃんの力業は突然現れたブルドーザーのように話をゴリゴリっと押し進めていくのですが
スーに結論を出すのは喜ばしい反面、この成り行きで決まっていいのかなぁと。
似た状況だった笹やんの時と違って、ラメさんの相手への好感度が微妙すぎて...。
だからといってスーにフラれちゃうのもまた微妙というか、
「じゃあなんで有耶無耶とはいえ終わったものをわざわざ蒸し返したんだ!」ってなるような。
 
まぁザ・凡人である自分の邪推が吹き飛ぶような展開を、来月は見せてくれると信じております。
楽しみです!
 
2016-06-29.jpg
●アニメ話
カバネリ離脱。あんまワクワクしなくなったというか、続きが気にならなくなったというか。
エヴァの冬月が「やはり最後の敵は同じ人間だったな...」と言った時はゾクゾクしたもんですけど。
 
夏以降のアニメは特に自分のセンサーに引っかかるものも無く、いよいよ1話チェックも殆どしなくなりそう。