●最新情報
[2014年08月27日] ペルソナ4 ザ・ゴールデン電撃アンソロジー (KADOKAWAアスキーメディアワークス刊) 寄稿
[2014年03月] 電撃PlayStation Vol.563(アスキーメディアワークス刊) ナチュラルドクトリン特集記事用挿絵
●ひとことフォーム(仮設置中)
●PN/HN
ヤナギ or 楊柳崇志 (やなぎ たかし)
●関心空間
野球
●作業環境
i7 2600k /16GB RAM/Win7 Pro 64bit
●当サイトはリンクフリーです
バナーURL:http://43q.com/banner.gif
●サイト開設
2001年08月21日
●お仕事履歴
2014年08月:アスキー・メディアワークス様:TVアニメ「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」電撃コミックアンソロジー 8P参加
2014年02月:アスキー・メディアワークス様:電撃PlayStation Vol.560~ ナチュラルドクトリン(角川ゲームス様)記事挿絵
2013年08月:某アニメ・ソーシャルゲーム用キャラクターイラスト ラフ線画
2012年06月:アスキー・メディアワークス様:ペルソナマガジン #0.775 (電撃マオウ 2012年8月号付録) 10P参加
2011年12月:アスキー・メディアワークス様:TVアニメ ペルソナ4 電撃コミックアンソロジー 8P参加
2011年12月:ざら先生著:わがままDIY(1):表紙・裏表紙・巻頭カラー彩色
2011年04月:アスキーメディアワークス様:俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式コミックアンソロジー 8P参加
2011年04月:講談社様:コミックス「ウチはおおきい」 1Pゲスト参加
2009年12月:エンターブレイン様:アマガミ Various Artists (2) 4P参加
2009年03月:メロンブックス様:通販特典ポストカード用イラスト 1点
2006年10月:芳文社様:まんがタイムきららCarat 11月号 読切
2006年05月:芳文社様:まんがタイムきららCarat 6月号 読切
●ご連絡
メールはyanagi※43q.comまでどうぞ(※を@に変換してください)

2016年9月24日  やなぎドロップ

スー派の友人が大昔にオススメしてた作品を読みました。
2016-09-24.jpg
 
いやー、素晴らしい作品ですね。
1巻から最終巻の落としどころをイメージしてたのも分かるし、
その"難しいゴール"まできちんとチェックポイントを通過してるのもいいです。
賛否両論なんて覚悟の上でしょう。
  
描きたかったものを伝えるために、描いてはいけないものは極力描かないようにしてるし、
何より↑の落書き描いてて気付いたことがあったんですが...それもまた意図的なのかな。
とにかく、決めたゴールへ向かってブレなく描き上げている作品。感服です。
 
偉そうにも採点させて頂くなら、100点満点中96点!
あとの4点は、もっとその後も読んでみたい感じで。
 
落書きする気力なんて枯れたと思ってましたが、良作は何度でも干からびた自分を蘇らせてくれますねえ。
 
--------------------------------------------------------------------------------------
●ついでに金本阪神2016の採点
100点満点中25点
 
お友達内閣(特に一軍作戦兼バッテリーコーチ)にはしっかり責任を取らせないとマズイでしょう。
Aクラス昇格も有り得た8月26日、突然そこから新人捕手の坂本を連日起用し最下位まで転落させた責任は重く...。
nhk-2016-09-24.jpg
挙げ句NHKにもデータとして晒し者にされる始末...。
 
来年も捕手起用に謎の贔屓が続くようであれば、しばらく見るのはやめましょうかねえ...。
原口を使わないちゃんとした理由(肩や腰の調子など)があれば分かるんですが、
スタメン坂本で負けてる時だけ途中から尻ぬぐいでマスクかぶったりしてますからね。
原口がお立ち台に立つような活躍した翌日も使われず、完封させた試合の翌日も使われず。
最近は見ててつまらないだけじゃなく、イヤ~な気持ちになってます。
真の暗黒時代かもしれませんな。

2016年8月27日  二代目の感想などなど。

さて、終了しましたね。
 
阪神の若手躍動、五輪の快挙、人気アイドル騒動...
リアルが面白すぎるあまり、フィクションの魅力を感じなくなりつつある一個人の感想をどうぞ。
あ、でもアイギスは面白いっすね。
 
---------------------------------------------------------------- 
※気分を害する方がいるかもしれませんのでエントリー内部にて。
---------------------------------------------------------------- 
 

[続きを読む]

2016年8月 4日  よいお年を

2015-12-30.jpg
 
このエントリーは2015年末に投稿する時に、非公開にしたまま放置されていたようです
(おそらく話題が無くて一旦寝かせたまま忘れたんでしょう)
もう二次絵を描く気力はほぼ無いので、急場しのぎにこのエントリーを使い回します。
 
------------------------------------------------------------------------------------
●振り返り
 
いろいろと書き連ねたあとに気付きました。
「最終回に書くべきなんじゃないのか」と。
つーわけで、今日書いたことを含めて来月に短くまとめてアップします。
落書きはおそらく用意できないかと...二次絵は気力がわいてこないと本当に描けないので。
 

2016年7月30日  今月の感想(絵無し)

だいぶ前に読んだのに書くの忘れてました。 
 
●感想
自分はなんにも無いです。
スーマダの友人はキレてましたが...長年スー派だった彼だけでも満足(成仏)させて欲しかったです。
 
 
追記でこの数年振り返ったりするかもしれませんが、今はこれにて。

2016年7月21日  最終回について

※落書きナシです。
 
>げんしけん次号で「2代目」の物語完結 だそうですね アカン不安しかない・・・
 
らしいですね。
もっとも公式の「2代目」が何を指すのか自分には分からなかったりして。
一年たちのマンガ話は何か目標があったわけでもなく、色恋話もまだドロドロが始まったわけでもなく...。
ただ卒業の時期だから終わり!ってことなんでしょうかね?
う、うーん。
 
それと、来月の127話で最終回ということは、ピッタリ最終巻分の6話がたまる計算になりますが
要するに先月のブルドーザー展開も終わりから逆算しての進行なのかなー、と。
自分が6月29日のエントリーで推量したように
 
「ただ、個人的な印象ではこれを使うにしてもちょっと時期が早すぎるような気もしました。大人の事情かな?」
 
つまり大人の事情が発動したってことではなかろうかと。
となってくれば、あと数日後に判明するスーとの決着も
超絶駆け足でソードマスターヤマト的なものにならないか少し不安になってきますね。
もちろん、そんな不安も不満も吹っ飛ぶくらいの綺麗な着地を願ってやみませんが...。
 
取り急ぎ思うがまま書きました。
落書きの一つもなくてごめんなさい。
 
また、25日以降にでも。

2016年7月13日  94の背中が

頼もしい
2016-07-13.jpg
捕手がしばらく無理ならレフトかゴメの代わりで...

2016年7月11日  いろんなこと

まずはお返事です。
>げんしけん珍しく安定して安心できる絵ずらからのスタートでしたね...
>ただ後半春日部さんが言いたいこといってくれたのと先行きが不安になる発言をぶっこんでくれたので、
>来月号が気になって仕方ありません(スー派より)

 
やっぱ初代のメンツだといい感じのユルさがありますな。
しばらく読まずにいましたが、「あぁ、げんしけんといえばコレコレ」って感じで。
来月号はどうなるんでしょーかねえ...可能性としては
1) くっつく
2) フラれる
3) 返事保留で決着せず(以下次号へ)

当然この三択しかないわけで、正直もう3は勘弁して欲しいところです...。
1で実は現場に来ていたスーとキスをやり直す、なんてのは...ないのかなぁ。是非やって欲しいですけど。
2で斑目、散る!作品から完全退場!はある意味、潔くていいかも。
 
どうなるにせよ、ハッキリとした解になるといいですね。
 
2016-07-10.jpg
 
●今期アニメ
一切見てません。
自分だけでも楽しめるような作品を見つけるのが難しい時代です...。
コードギアスや、まどマギのような、ちょっと見るだけで面白いニオイがする、続きが気になる!
って作品に出会うことが容易ではなくなってしまいました。
確実に宝石はあるんでしょうけど、発掘する労力がハンパじゃないというか。
どんどんどんどん当たりを引く確率が下がっているというか。
 
まぁツイッターで感想でも書かない限り今の流行りアニメを無理に追う必要なんてないわけで、
自分はもう他の趣味を見つけて楽しんでおります。
世の中に面白いものなんて腐るほどあるんだから、それを自力で探す手間を惜しんじゃいけませんね。
 
●はんしん
だから誰も得しない聖域をなんとかしないとダメだって。 

2016年6月29日  ひっさびさに

読んだので感想など。
 
と言っても最後に読んだのは3月だから3ヶ月ぶりですか。→当時の感想
友人からその間の話も聞いてはいましたが、二代目の現役の話は聞くだけで満足で。
今回はアンタの好きなOB話だぞ!っつーから読んでみました、はい。
 
3月の感想で少し書いた"意味深なコマ"ってのを早速広げてきましたね。
伏線とまではいかない(展開によっては回収不要という意味で)曖昧な表現を散りばめるのが実に巧みです。
 
ただ、個人的な印象ではこれを使うにしてもちょっと時期が早すぎるような気もしました。大人の事情かな?
咲ちゃんの力業は突然現れたブルドーザーのように話をゴリゴリっと押し進めていくのですが
スーに結論を出すのは喜ばしい反面、この成り行きで決まっていいのかなぁと。
似た状況だった笹やんの時と違って、ラメさんの相手への好感度が微妙すぎて...。
だからといってスーにフラれちゃうのもまた微妙というか、
「じゃあなんで有耶無耶とはいえ終わったものをわざわざ蒸し返したんだ!」ってなるような。
 
まぁザ・凡人である自分の邪推が吹き飛ぶような展開を、来月は見せてくれると信じております。
楽しみです!
 
2016-06-29.jpg
●アニメ話
カバネリ離脱。あんまワクワクしなくなったというか、続きが気にならなくなったというか。
エヴァの冬月が「やはり最後の敵は同じ人間だったな...」と言った時はゾクゾクしたもんですけど。
 
夏以降のアニメは特に自分のセンサーに引っかかるものも無く、いよいよ1話チェックも殆どしなくなりそう。

2016年5月24日  ココノカ

トウカ
2016-05-24.jpg
 

2016年5月21日  阪神とPAD

血の入れ替えの最終段階がいよいよってところでしょうか。
打てない守れない遊撃手の運命やいかに。
2016-05-21.jpg

 
●PAD
唯一やり応えのある闘技場1を毎日自然回復したスタミナ分で遊ぶだけのゲームに。
BOXはすっかりピィの養殖場と化しました。
2016-05-21-pad.jpg
マルチもやってみたんですけど...うーん。