●最新情報
[2018年04月16日] 久々にサイトを更新してしまう
 
●ひとことフォーム(仮設置中)
●PN/HN
ヤナギ or 楊柳崇志 (やなぎ たかし)
●関心空間
野球
●作業環境
Ryzen5 3600 /32GB RAM/Win10 64bit
●当サイトはリンクフリーです
バナーURL:https://43q.com/banner.gif
●サイト開設
2001年08月21日
●お仕事履歴
2016年12月:アスキー・メディアワークス様:神姫PROJECT 電撃コミックアンソロジー 8P参加
2014年08月:アスキー・メディアワークス様:TVアニメ「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」電撃コミックアンソロジー 8P参加
2014年02月:アスキー・メディアワークス様:電撃PlayStation Vol.560~ ナチュラルドクトリン(角川ゲームス様)記事挿絵
2013年08月:某アニメ・ソーシャルゲーム用キャラクターイラスト ラフ線画
2012年06月:アスキー・メディアワークス様:ペルソナマガジン #0.775 (電撃マオウ 2012年8月号付録) 10P参加
2011年12月:アスキー・メディアワークス様:TVアニメ ペルソナ4 電撃コミックアンソロジー 8P参加
2011年12月:ざら先生著:わがままDIY(1):表紙・裏表紙・巻頭カラー彩色
2011年04月:アスキーメディアワークス様:俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式コミックアンソロジー 8P参加
2011年04月:講談社様:コミックス「ウチはおおきい」 1Pゲスト参加
2009年12月:エンターブレイン様:アマガミ Various Artists (2) 4P参加
2009年03月:メロンブックス様:通販特典ポストカード用イラスト 1点
2006年10月:芳文社様:まんがタイムきららCarat 11月号 読切
2006年05月:芳文社様:まんがタイムきららCarat 6月号 読切
●ご連絡
メールはyanagi※43q.comまでどうぞ(※を@に変換してください)

2020年7月31日  きっついなあ(芳樹)

ちえりちゃんを某ゲームのパロに出来ないか模索中
2020-07-30.jpg
 
●ニコ動で
何かおもろい動画無いかなと思ったら、他の箱の騒動の影に隠れて新しい騒動が。
その話をする前に、箱を去る側、残る側。自分がどちらにより肩入れしてるかは、いつか書いた通りで。
去年の暮れのnoteやら配信やらの、あの不器用で人間くさすぎる訴えに心打たれて描き始めるようになり、
一方、去る側には頑張って、と。自分はそんな感じでした。
 
今回の騒動はあの時RPかなぐり捨ててまで訴えた意図が何となく分かるような、そんな内容ですね。
積み上げられた灰色の濃度を強くする情報が、ただただ、悲しい。
なんだかなあ。

2020年7月13日  21

●しかし
2020-07-12-ss
おもろい画やな、これ。
 
●ピノ様新衣装は途中で描くのあきらめました。
2020-07-12.jpg

2020年7月12日  アイアム・ア・トラックボーラー

●トラックボールとは少数派である。[要出典]
買いました。エレコムの「HUGE」。(無線モデル)
2020-07-12-ss3
 
元々廉価モデルのくせに人気が出たからと倍近く値段を釣り上げ、
型番は変えるくせに故障しやすい部品を一切改良せず殿様商売してる某トラックボール
を見限って、エレコム。
ケンジントンやロジが強かった10年前のトラックボール業界ならあり得ない遷移となりました。
 
とりあえず慣れるまで使ってみまして...いい感じです。
いや、売価4000円を考慮すれば十分な出来です。ボタンは多いし、ボールはでかいし。
ただ、大きな不満がありまして...もう少し傾斜つけて欲しかった。
使い込んでいってさらに気に入れば予備も買っておこうかな。
 
●とモヤシさん、業界人の目にも止まり、順調に伸びる。
動画のセンスは抜群ですし、当然と言えば当然の結果。
全盛期のまっちゃんみたいだと以前ここで書いたら、次の動画で世界1位のネタ使ってきてワイ、ニッコリ。

2020年6月28日  最近おもろかった配信

●ちえりちゃんのぴえん
●ピノさんのプラモ
 
おもろい配信があるのは良いことです。
あと、ふーちゃんが全般的に楽しそうにやってますね。
 
●どっかの箱が炎上してた
炎上紹介みたいな動画が何故かオススメに来て、
酷い話だけどどこの箱も"アレさ"は似たようなもんやで...と思ったら5月の話でした
アンテナ張り巡らせてなかったら1ヶ月以上も気付かんもんだなあ。
先人を見習って、消火方法間違えなきゃいいですね。
いや、もう消火終わってんのかな?それすら分かりませんが。
 
●新衣装の落書き
とっくに描き終わってたのに眠くて眠くて完成間際で止まってました。
線画の時点でやりきった感が湧いてしまうパターンです。
2020-06-28w.jpg
 
では、ふたたび描く気力をもらえる配信を待ちます。

2020年6月22日  DQ実況が終わったわけですが。

●チャット欄がかなり荒れ気味だった終盤
時間が無い、無い、と駆け足で遊んでいるのは少し残念ですが、そんな怒らんでも...なコメントがちらほら。
多分それまでのラダトーム・マイラ永久往復とか、転職云々でイライラを貯めていったんだとは思いますが...。
 
DQ1の時点で本人が好きなように遊ぶ、視聴者は困った時のヒント役。と明確な配信スタンスだったわけで
それが気に食わないなら見ない方が良いと思うんです。
 
皆さんが望む、溜飲が下がる実況はるな坊さんという実況者さんがやってますのでご覧になってみてはいかがでしょう。
同じように1から順に遊ばれており、情報やギミック、ストーリーへの理解の早さ、察しの良さ、リアクションの良さなど。
ほとんどの視聴者が望むであろう完璧に近い遊び方をなさっています。
絶対にVtuberじゃなきゃ嫌、この子じゃなきゃ嫌、とかじゃなければ是非。
 
自分がイライラしなかったのは、先にそういうストレスフリーな理想的実況を見てるからかも。
めちゃくちゃ頭の固い人がやったら、思わぬ所で詰まるんだなぁ...と。
そして、あんな戦い方でもレベル上げてれば勝てる見事な難易度調整。
エニックスはすごい。
 
●次はふーちゃん
新衣装見た時の気力がまだあるので。
この姿勢のダルそうなふーちゃん描きたいなあっていうよく分からん欲求から。
お祝い絵と違って突貫で作業はしません。また数日後にでも。
2020-06-22.jpg

2020年6月18日  今日上げた落書きの

●元ネタはパタリロのfly me to the moonです。
泣ける話で有名なやつです。
多分見た人の1%も分からないと思いますが、そんなもんはどうでもいいんです。
楽しく描けりゃそれで。
 
2020-06-18w.jpg

2020年6月17日  間に合わなかった

●新衣装&誕生日お祝いしよう!と思ったのが配信終了直後の21時。
自分なりに急ぎました。急ぎました。
 
無理でした。
2020-06-17w.jpg
 
お、ええ衣装やんけ!描いたろ!と、久々に勢いまかせに描いたんですが当日に間に合わず。
しかし、まさか統一衣装とは別だとは...。

2020年5月29日  そして僕らは

●オタキングさんが
動画にて四半世紀前のジブリ作品「on your mark」を解説してました。
とても懐かしい...当時それしか入ってないVHSを買いましたよ。
元々はライブ用映像としてのオファーで、後に映画「耳をすませば」で同時上映されました。
たった6分で制作費2000万ぐらいの予定が最終的に億単位にふくらんだとか
それが許されるええ時代やったんやなあ。
 
●KILL
これが解説動画一番の衝撃です。完全に見逃してた。
その後の一連の殺戮描写は後のエヴァ劇場版(Air)に影響を与えたんだって解説も頷ける。
でもたしか庵野さんは「ON YOUR MARK」酷評してたような...。

この動画の考察が正しいかどうかは分かりません。
(答えを出さない、それが答えのようなって歌詞にありますし)
でも、その深掘りしていく様はかなり面白かったです。
興味があれば短編集集めたDVDに再録されてるはずなのでご覧になられては。
2020-05-29.jpg

2020年5月27日  慢心、環境の違い

●Intelはどこへゆく
Ryzen5 3600購入から9ヶ月。今どれくらい値段落ちたのかと調べたらたった2000円程度でした。
いや...Intel様が新製品出しても対抗値下げも全く無いとか...価格サイトのランキングも相変わらずRyzen一色て。
甘めの有名レビューサイトですら微妙って烙印押してるからやっぱダメなんでしょうね。
爆熱、電気食い...PenDからブルに渡った屈辱のバトンは再びIntelへ。
 
しかしブランド信仰が無くて良かった。CPUだけは常に勝ち馬乗ってた方が気楽です。
でも一人勝ちになるとどっちの会社も酷い価格設定にしちゃう過去があるから切磋琢磨して欲しいところ。
 
●ちえりちゃんは難しい。
2020-05-27w-01.jpg

2020年5月26日  追わなくなる基準とか。

2020-05-26.jpg

●とあるVさんの
登録を解除しました。
自分はどんどん登録&解除するタイプです。面白そうなら即登録して、望んだものと違ってくれば解除。
 
Vtuberに限ったことではありませんが、興味が薄れていく点としては大体以下の三点です。
1)やたら外部コラボが目立ち始める
2)興味が無い題材の配信割合が多くなる
3)情報発信、配信プラットホームが増える
 
1:その人を面白いな、とか思ってもこの傾向が強くなるとうーん...って感じで。
お互い仲良しのコラボならともかく、そうでない場合は大体その人の良さが出ませんから。
勿論、特番みたいな頻度なら気にしませんが多くなってくると
「いや、俺アンタしか興味ないねんけど...」ってなります。
 
2:それが案件なら契約で配信回数とか期限決まってるからいいんです。
その人がハマってしまって好きだからずっとやってるとなると。
(某ゲーム配信団体のRTS枠はキツかったな...)
 
3:ツイッター&配信場所1つ、出来たらそれで止めて欲しいです。面倒だから。
ツイキャス、ビリビリ、(昔ならユースト、ジャスティン)、出来たての配信サービス...。
そんな分散されても見る側にはほぼほぼデメリットしかなく。
まぁそれでも、きっと心酔するほどの存在であれば全てを追うでしょう。
自分は他に移りますが。ご多分に漏れず、アイドル部も色々やりだした時は見てなかったです。
 
過去自分がハマった人たちをあれこれ思い出しながら共通項をまとめてみました。
配信側の事情を甘受する人が大多数でしょうけど、こんな去り方をしていく層も多少いるってことで。
いや、そんな薄情モンは自分だけって可能性もありますが。